マツダ交通の見たまま

主に大阪シティバスの小ネタや歴史をディープに掘り下げる考察系ブログです。

大阪市営バスのゾーンバス制度って結局何だったのか?【後編】

こんにちは😃

今回は後編になります。

大阪市営バスのゾーンバス制度って結局何だったのか?【前編】 - マツダ交通の見たまま

↑前編はこちらからどうぞ

 

全地区でゾーンバス制度導入へ

f:id:Matsuda_KOTU:20210804142717j:image

平野・東住吉エリアでゾーンバス制度が始まった(1974年)ことで2年後に出戸バスターミナルが開設したのですが、実は経営難とあって進行中であった地下鉄延伸工事があるために頓挫せず何とか建て直したいという背景がありました。

そこで大阪市「ライド・アンド・ライドシステム」という〝バスや地下鉄などの公共交通機関の乗り継ぎ(割引)制度を核にした交通体系を確立させる〟施策を打ち出しました。これを行うことで「自動車(マイカー)を使わずとも公共交通機関を乗り継ぐことで快適に早く目的地に着ける」という利点がありました。また、乗り継ぎを円滑化させるために適当な箇所にバスターミナルを設置させる方針も固めたのです。

この頃の地下鉄は大阪万博への頑張りもあってか大阪市中心部は潤っている状態であり、バスとを乗り継がせるには充分でした。

f:id:Matsuda_KOTU:20210804222715j:image

バス事情では一部で最先端のゾーンバスを導入しているうえに最先端のバスターミナルを開設しているので、これらを全て絡めた大阪市内の公共交通機関の見直しが行われました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210804150828j:image[1979年7月バス路線再編成実施の内容、影響としては中央線深江橋~阿波座と重複していた90号系統(高井田※1~森ノ宮駅前~川口1~野田阪神前)が廃止]

※1:高井田新深江駅より少し東にある現在86号系統のみが停車する停留所。(地下鉄の高井田とは関係ありません😅)

1979(S.54)年7月22日、この大規模なバス再編成とゾーンバスシステムの範囲を一気に広げたうえ、地下鉄・バス乗り継ぎ割引制度(地下鉄・バス乗り継ぎ指定停留所を設置)が実施された事で本格的に計画が施行されました。(ちなみにゾーンバスの範囲拡大は1978年頃から先行で行われていた)

f:id:Matsuda_KOTU:20210804171702j:image[あべの橋に設置された地下鉄・バス乗継指定停留所の看板。見えづらいが、「バス 地下鉄乗継停留所」と書いてある。ここでは地下鉄天王寺駅が最寄りの停留所として指定されているために乗継割引が適用されるが、北隣の天王寺西門前は適用されない。]

f:id:Matsuda_KOTU:20210804153754j:image[開設された歌島橋バスターミナル(現在は閉所)]

f:id:Matsuda_KOTU:20210804154016j:image[歌島橋バスターミナル開設当時の行先別 出発時刻表示盤]

乗り継ぎを効率良くするためのバスターミナルの設置も1981(S.56年)年3月3日に歌島橋バスターミナル同年12月5日に北巽バスターミナルと続々開設され、ライド・アンド・ライドシステムが完全に機能されたのです。

つまり、出戸バスターミナル乗り継ぎターミナル設置への試金石だったのですね。

そして、地下鉄・バス乗り継ぎやバスターミナルがあったのも、この〝ゾーンバスがあったから〟なのです。

f:id:Matsuda_KOTU:20210804155206j:image[接近表示機付きのあべの橋バス停]

余談になりますが、バス優先の専用レーンも範囲を広げ、バス優先信号の設置、バスロケーションシステム(接近表示付きのバス停)を設置したことで、多くの路線での定時性の確保やバス待ちでの問題解消にも携わりました。

 

複雑さが増したゾーンバスの実態

f:id:Matsuda_KOTU:20210804160235j:image[ゾーンバス制度とは無縁の一般系統の方向幕]

f:id:Matsuda_KOTU:20210804163756j:image[かなりややこしい特系統の方向幕]

 

1979年にゾーンバス実施エリアが拡大したのは良かったものの、逆に返って複雑になりました。それが、新たに区別された一般系統特系統というものです。

一般系統は幹線・支線という区別がそもそも無いので、たとえ乗り継ぎ指定停留所に降りて乗り継ぐことはできません。まぁ、これはまだ分かります。

問題は特系統なのです。

特系統というのは、幹線・支線区間をそのまま直通で運行する系統路線です。幹線から支線の乗り継ぎは降車しなければいけないので手間はかかりますが、これに乗るとそのまま乗り継ぐことが出来ます。しかし、これには罠がありました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210804180038j:image[1985年当時の路線図]

例えば、特6号系統で美章園(左上)に乗車し、南下した先にある乗継指定停留所の湯里六丁目(右下)幹線4号系統に乗り継ぐ場合ですが、何故かこれはできません。

理由としては、特系統には幹線・支線境界停留所というものが設けられています。この路線図でいえば、美章園~中野中学校前は幹線区間なので実線(―)中野中学校前~湯里六丁目は支線区間なので破線(---)で表されています。

つまり、幹線と支線の境界は「中野中学校前」であるため、幹線区間美章園から乗車し、境界の中野中学校前を〝超えて〟支線区間の湯里六丁目に降車することは、〝自動的に幹線・支線に乗り継いで降車した〟と見なされるため、いくら乗り継ぎ指定停留所で降車したとはいえ乗り継ぐことはできません。

f:id:Matsuda_KOTU:20210804182234j:image[当時の路線図案内には、特系統の取り扱いは記載されていない]

結果的に特系統を利用する際には幹線あるいは支線区間のみの利用であれば、乗り継ぎは可能でしたが、このようなケースは利用される方にもなかなか認知がされていませんでした。

それに従来の乗継指定停留所の存在も相まったことで余計に自由が利かない使いにくさが問題視されました。結局、ゾーンバス制度が廃止になったのは2002(H.14)年5月20日コミュニティバス路線の見直しで赤バスが本格的に運行開始に合わせて行われました。

しかし、この時の変更内容は新たなバス乗り継ぎ割引制度の実施〝乗るバスにこだわらず、幹線・支線などという区別を無くす〟というもの。ただ、まだ乗り継ぎ指定停留所の制度はしばらく残っていました。しかしこれも2005(H.17)年の12月頃に地下鉄・バス乗り継ぎ割引の変更に合わせて廃止になりました。現在の〝一度目の降車から乗り継いで降車するまで90分以内〟であればバス乗り継ぎ割引が適用されるというスタイルになりました。

 

さらにはゾーンバス制度が廃止されたことでバス路線の幹線・支線・特などが廃止になったため、全て系統番号が数字のみになりました。

  • 幹線1号系統→1号系統
  • 1号系統→101号系統

特にこの1号系統となればゾーンバス制度中は幹線1号系統と1号系統の2つの系統があったので、誤解を招かないためにも敢えてできるだけ馴染みのある番号にしました。

 

総評

ゾーンバスとは、現在の交通機関の乗り継ぎ割引体系の確立と円滑な輸送を図るためのターミナル整備に係るに欠かせない存在だったのです。

ただ、やはりルールが複雑かつ厳格すぎたことからゾーンバス自体は無くなってしまいましたが、改善があって今のような自由の利く割引制度などが出来たのだと思います。ある意味、名残ですね笑

今では乗継券すら無くなり、回数カードかPiTaPaICOCAを初めとしたICカードでの割引制度と移り変わりましたが、今度はどのように派生していくのか気になるばかりです。

 

では👋

大阪市営バスのゾーンバス制度って結局何だったのか?【前編】

f:id:Matsuda_KOTU:20210731135631j:image

こんにちは😃

今から約20年ほど前に大阪市営バスが実施していた「ゾーンバス制度」ってご存知ですか?

私も名前は知っていたものの、そんなに利用した事が無かったので〝結局あれは何だったのか?〟をゾーンバス制度の基礎を踏まえて紹介していきたいと思います。

かなり内容が長いのでそこはご理解ください…

 

そもそも「ゾーンバス」って?

1974(S.49)年に実施されたシステムで、市内の根幹を走る路線から郊外部方面へ行く際に1度、根幹を走る路線(幹線)で乗り継ぎができる指定の停留所まで乗り、そこから郊外部付近を走る路線(支線)にそのまま乗り換える、といった「再度お金をかけずに」乗り換えをして色んな場所に行けるようなシステムをとりました。現在のバス→バス乗り継ぎ割引の元祖版のようなものです

(1974年11月当時の市内運賃は50円であるため、乗継してもそれ以上の運賃はかかりませんでした)

これをする事で「行き先を気にせず」にどのバスに乗ってもとりあえずは乗り継ぎができる停留所まで行けばいいので、待ち時間が大幅に短縮される利点がありました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210731163150j:imagef:id:Matsuda_KOTU:20210731163554j:image[幹線あるいは支線路線の降車時に乗継券を発券して乗り換える]

 

シンボルは赤いリスマーク

f:id:Matsuda_KOTU:20210803111112j:image

ゾーンバスのシンボルはこの「赤いリス 」です。車両には幹線バスが緑色塗装、支線バスが赤色塗装(1979年以降は車体塗装変更のため区別無し)といった区別がされている上、前面左上部にこのリスのヘッドマークを掲出していました。

なぜ、リスを採用したのかというと「支線バスがリスのようにすばやく」という意で採用されたようです。あとは予測ですが、「支線を走る路線は主に中型車(幹線は大型車)が運用していた背景があり、隘路を走るような路線を小柄なバスが走り抜ける」というのも考えられますね。

1980年代半ばになると、若干デザインが変更されたのかリスの目が丸くなり、さらに1989年12月1日には、翌年に控える「国際花と緑の博覧会」があるためPRとして全車両のリスのヘッドマークから「花ずきんちゃん」に変更されました。(リスのデザインをそのまま上塗りしている)

f:id:Matsuda_KOTU:20210803143954j:image[花ずきんちゃんのヘッドマーク付き車両]

 

ゾーンバス制度導入の経緯

そもそも、ゾーンバス制度が何故導入されるようになったかを調べていきます。

f:id:Matsuda_KOTU:20210801090229j:image[ゾーンバス導入前の長吉長原地区(大阪のあし)]

当初にゾーンバスが導入されたのは大阪市営バスが運行する全ての系統路線ではなく、実は平野区(1974年9月に東住吉区から分区)と東住吉区のみでした。

これには理由があり、1955(昭.30)年の第3次市域拡張により、新たに大阪市編入されたことで公営住宅建設とインフラ整備が進められたことで急激に人口が増加しました。東住吉区東部には御堂筋線、北側にはJR線等が通じてはいますが、特に出戸や瓜破などといった地区はバスを唯一の輸送機関としていました。

例えば出戸から天王寺方面へバスに乗るにしても、特にラッシュ時では道路が混雑しているのでバスの定時性の確保が難しく、さらに系統路線がかなり複雑に絡んでいたためか、どうしてもダンゴ運転が生じてしまう背景がありました。

そこで、「出来るだけ早く目的地に着けるように」ゾーンバス制度を導入させたのです。

f:id:Matsuda_KOTU:20210801135038j:image[当時の大阪市だより]

f:id:Matsuda_KOTU:20210801135156j:image[ゾーンバス開通日の様子]

f:id:Matsuda_KOTU:20210801135231j:image[ゾーンバス運行開始記念乗車証]

 

1974(S.49)年11月28日、このような式典などを迎えながらゾーンバス制度が東住吉区平野区でスタートしました。さらに、バス優先のための交通規制を実施するにあたりバス専用道・専用レーンの設置を行いました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210801140606j:image[ゾーンバス実施当時の系統図]

f:id:Matsuda_KOTU:20210801140532j:image[乗り継ぎ指定停留所一覧表(下部に特例が記載されている)]

 

出戸バスターミナルの開設

ゾーンバス実施直後は中々の好成績だった裏で最大の難点がありました。

それが「幹線から支線へ乗り継ぐ時の不便さ」でした。乗り継ぎをより便利するためにはターミナルの設置が必要になったため、一番路線が集中する出戸[現:地下鉄出戸]停留所付近にバスターミナルを設置、1976(S.51)年10月9日に出戸バスターミナルが開設しました。(既存の出戸操車場をバスターミナルに改装?)

f:id:Matsuda_KOTU:20210801151001j:image[開設当時の出戸バスターミナル]

f:id:Matsuda_KOTU:20210801150600j:image[出戸バスターミナル(2015年頃)]

バスではこのような動きがありましたが、この頃の地下鉄では谷町線(東梅田~都島、都島~守口)の開通があり、市内中心部には地下鉄路線が網状に整備されてきました。

このゾーンバス制度を地下鉄と連携させることになりますが、それについてはまた次回で紹介しようと思います。

 

では👋

大阪シティバス停留所の付随名称(副名称)を考察してみた。

こんにちは😃

大阪シティバスに乗っていると車内アナウンスで当たり前のように次の停留所名が読まれますよね?

「つぎは、地下鉄中津、地下鉄中津」や「つぎは、長柄国分寺長柄国分寺」などとこのように読まれるのですが、さらに停留所名の後に追って付近の名称やらを読み上げる事があります。

例えば…

例1「つぎは、南森町南森町大阪天満宮

例2「つぎは、大阪城大手前、大阪城大手前、府庁前」

このように続けざまに大阪天満宮、府庁前と読み上げられるのはその停留所に付随名称(副名称とも)が付いているからなのです。

大阪メトロでは大阪ビジネスパークを「大阪城ホール前」、淀屋橋を「市役所前」と呼称するような形でしょうか。

今回はそれらについて深く考察していきます。

 

Q.付随名称の見分け方は?

f:id:Matsuda_KOTU:20210626143209j:image[鴫野停留所]

見分け方は2種類あります。

1つ目は停留所の標柱に直接、括弧内に記されている場合です。特にこれらは車内アナウンスでも停留所名に続けて読まれる事が多いです。

しかし、病院や不動産などが付随名称になる場合は「~病院へは次でお降りください」や「内科、外科の~病院前です」と単純に最寄り停留所として案内されたりします。(ただし、大きな病院になると南森町のような続けざまに付随名称を呼称するだけになります。)

f:id:Matsuda_KOTU:20210626143823j:image[市営バス時代の南森町停留所、赤枠内が付随名称]

これらに該当する停留所(2021年6月現在)

など

 

しかし、付随名称があるにもかかわらず、中には停留所標柱に記載されていない場合があります。

そこで2つ目が先程述べた車内アナウンスで判別することができます。

これらに該当する停留所(2021年6月現在)

馬場町はなんと付随名称が3つもあります。ちなみに馬場町の一世代前の標柱では付随名称が記載されていました。

など

 

Q.方角は付随名称になるのか?

f:id:Matsuda_KOTU:20210626183351j:image[市営バス時代の地下鉄太子橋今市(北)停留所]

豊里大橋のたもとにある地下鉄太子橋今市の停留所には(北)と表記あります。これも一種の付随名称になると思われます。

これには経緯があり、2014年のダイヤ改正によってW停車(2回同じ名称のバス停に停車する)のある停留所を対象に方角を採り入れた付随名称を付けられました。もちろん、この停留所もこの改正によって付けられたのです。

おそらく周辺に点在するバス停を分かりやすくするために区別させたのでしょう。

ちなみに2014年以前でも方角を付随名称とした停留所はいくつか存在していました。

  • 此花区役所(東)
  • 大運橋通(東)
  • 杭全(東)(西)

など

 

Q.付随名称が削除されることはあるのか?

f:id:Matsuda_KOTU:20210626185539j:image[市営バス時代の大正区役所前停留所(現在、付随名称は削除されシールが剥がされている)]

f:id:Matsuda_KOTU:20210626221750j:image[済生会病院前(現在、付随名称は削除)]

あります。削除される理由は様々だと思いますが、推測しやすいケースを挙げるとすれば…

 

①付随名称に該当する建物が閉鎖・閉所した場合

②停留所の付随名称が、停留所名として改称された場合

③付随名称に該当する関連施設等が改称した場合

④停留所周辺の店・病院などとの広告媒体が終了した場合

の4点だと考えます。

 

①の場合で削除された停留所

→1990年に郵便貯金会館(現:メルパルク大阪)が淀川区宮原に移転したため削除(時期不明)、同付随名称の「天王寺区役所前」は残る

→1989年に電気科学館が閉館したため削除(時期不明)

  • 八幡筋(南区役所前)

→1989年2月に南区が消滅した(東区と統合し中央区となる)ため削除※八幡筋は現在廃止

  • 片町(駅前)

→1997年3月にJR片町駅が廃止になったため削除

  • 新喜多大橋(鯰江公設市場前)

→鯰江公設市場(ナマズエストア)が閉鎖したため(時期不明)

f:id:Matsuda_KOTU:20210626193701j:image[新喜多大橋停留所。付随名称が削除された跡が残っている]

 

②の場合で削除された停留所

  • 本庄中通(大淀区役所前)

→1977年に大淀区役所前に改称。※大淀区役所前は現在の本庄西二丁目

→1979年に鶴見区役所前に改称。

→1980年に上新庄駅北口に改称。

→2014年に曽根崎警察署前に改称。

など

 

③の場合で削除された停留所

大阪市営地下鉄四天王寺前が「四天王寺前夕陽ヶ丘」に改称したため、天王寺警察署前(地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘)に変更

  • 天神橋(近畿郵政局前)

→天神橋(日本郵政公社 近畿支社前)に変更※現在は削除

→2017年にフェスティバルシティの開業により、渡辺橋(フェスティバルシティ前)に変更

など

 

④の場合で削除された停留所(推定)

停留所標柱から削除を確認(車内アナウンスも呼称無し)

停留所標柱から削除を確認(車内アナウンスも呼称無し)

など

 

Q.近年、追加された場所はあるのか?

 

とこれぐらいでしょうか…(他に何か見つけた時はTwitterなどで教えてください笑)

これからもまだまだ何らかの形で新設されるのかもしれません。

 

~最後に~

かなりマイナーなネタで、実は出すのもちょっとためらいましたが「付随名称ってこんなにあるんだぞ!」っという気持ちを訴えたくて今回記事にさせていただきました。実際私が確認したところだと、削除された所も含めてこれまでに約200箇所ほどあります。

バスの路線図を作成する際に停留所名は書かなきゃ成立しませんが、付随名称は別に書かなくても良いような物で原則として省かれるため、〝それを探す〟となると…ある意味宝探しをしているかのような感覚になります。😅

上記で挙げた停留所の他にも付随名称の付いた停留所はまだ結構ありますので、「一日乗車券で大阪シティバスを乗りつぶそう!」という方にはオススメです笑

特に62号系統(大阪駅前~住吉車庫前)に乗りますと、途中で付随名称のオンパレードになりますので気になる方はぜひ〝大阪シティバスの変わった楽しみ方〟を見つけてみてはどうでしょう?

 

では👋

大阪シティバス昼間割引回数券を買ってきました。

こんにちは😃

つい最近なんですが、大阪シティバスの車内販売、バス営業所の乗車券販売窓口が廃止に…

さらには、紙券のバス回数券(大人・小人・昼間割引)が廃止となり今年に入ってから大きく変わってしまいました。

バス回数券(紙券)の発売終了について | 大阪シティバス株式会社

 

バス回数券だけは、、、と思いつつ価格を見ると全種買うとなれば総額8,400円(バラ売り無し)となるために諦めました。😢

f:id:Matsuda_KOTU:20210620172240j:image[購入したバス昼間割引回数券]

しかし、所用で出かけた道中に偶然にも金券ショップでバス昼間割引回数券などがバラ売りされていたためについ何枚か記念で購入しました。

今更ではありますが、今回はこの回数券を調べていきたいと思います。

 

  • バス昼間割引回数券とは?

大阪シティバスで利用できるバスの回数券で、バス営業所や地下鉄定期券発売所、駅長室、駅構内売店などで今年5月末まで発売されていました。値段は2,100円(12枚綴り)で特定の時間帯(10時~16時の間)のみに利用でき、1乗車あたり210円に対して175円と35円も安く乗ることができます。(バス回数券[大人]だと約19円安く乗れる)

ただし、2022年5月末までが有効期限となっているため、翌6月からは使えなくなってしまいます。

 

①これで阪急バスが乗れる?

→乗れちゃいます。

f:id:Matsuda_KOTU:20210620154231j:image[ご案内の最上部に記載がある。]

ただし昼間割引回数券ですから、10時~16時の時間帯の利用内であれば乗れるわけです。阪急バスの区間となると阪北線の十三や野中北一丁目などでは使えますね~😄(梅田~野中北一がシティバスと同じ210円※十三も同様)

阪急側の回数券ではこのような説明がされています。↓

f:id:Matsuda_KOTU:20210620174747j:image大阪市同調区間回数券|路線バス|阪急バスより

かつては大阪シティバス97号系統区間と併走していた加島駅方面にも使えました。(阪急バス加島線は2020年7月19日をもって廃止)

ちなみに残念ながらバス回数券(大人・小人)は利用出来ません。

 

  • 阪急バスも発売していた?

阪急バス側も大阪市内専用回数券として発売していたようですが、大阪シティバスの昼間割引回数券の廃止に合わせて既に発売を終了しています。ちなみに私は回数券自体、聞いたこともありませんでした😅

https://www.hankyubus.co.jp/news/images/20210426o.pdf

 

 

②昔の昼間割引回数券と比較してみる

f:id:Matsuda_KOTU:20210620161455j:image[昭和51年頃の昼間割引回数券]

折角なので、昔の回数券と比較してみました。バス昼間割引回数券は「石油危機等の大阪市の財政悪化の解消にやむを得ない必要最低限の料金引き上げによるサービス維持向上を図る1つの手」として1976年(S.51)4月1日に発売を開始し、当時は大人・小人の共通利用でした。降車の際に大人は1乗車が90円(当時)だったので2枚ちぎって運賃箱に投入、小人はその半額なので1枚ちぎって投入するという仕組みだったようです。2年後の1978年(S.53)11月では大人1,000円(110円券12枚綴り)、小人500円(60円券11枚綴り)と別々に発売されていましたが、後に共通利用のものに戻されています。

そして現在では210円券の物しか無く、大人運賃のみの割引回数券になっています。

 

  • 昼間利用の時間帯は?

また昼間利用の時間帯が11時~15時と現在の物よりも2時間も短いです。しかし、1982年にはもう現在の10時~16時になっていました。

ギャラリー

f:id:Matsuda_KOTU:20210620164904j:image[昼間割引回数券の案内:大阪のあし№99(1987年2月発行)]

f:id:Matsuda_KOTU:20210620170028j:image[昼間割引回数券の案内:大阪のあし№111(1991年3月発行)]

 

③最後に…

紙のバス回数券無き後も、現在では従来の地下鉄とバスが乗れる『回数カード』や今年3月に開始しているスマホを乗車券とした『モバイルチケット』などが代用になっています。昔ながらの紙券が無くなるのは悲しいですが、今やチケットレスという言葉が生まれている時代で今後はどのような乗車券になっていくのか気になるところです。

 

では👋🏼

大阪花博道路の遺構と旧心斎橋を訪問しました。

こんにちは😃

先日は鶴見緑地に行ってきました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507102629j:image

花博記念公園鶴見緑地は、もともと第二次世界大戦での空襲被害が起きた際の避難場所として1941年に防空緑地に指定されたもので当時は水田と蓮の栽培が頻りにあるだけだったようです。戦後になっては地下鉄建設で出た残土を泥地にうずたかく積まれて整備され、1972年4月より鶴見緑地として本格的に開園しました。大芝生が出来たのもこの年です。

十数年後には1990年4月~9月末まで開催された国際花と緑の博覧会(EXPO'90)」のメイン会場になりました。

 

花博の開催後には花博記念公園鶴見緑地として再整備され、もう31年経ちました。

そんな花博跡地を望むことができるのは守口市高瀬旧大枝咲くやこの花大阪市鶴見区緑地公園のいのちの塔などありますが、あまり知られてない花博アクセス道路の遺構が今も存在します。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507102519j:image

地図の赤枠で示された部分がまさに遺構の地点、この付近には花博会場西ゲートがありました。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507110356j:image

緑地西橋南側に来ました。ランニングにはうってつけの平坦な道ですね。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507110445j:image

左側には道路があります。

しかし、私が立っている道もかつては車が通るような立派な道路だったのです。左の植え込みも中央分離帯として役立っていましたが、緑地とあって上手いこと隠せていますね笑

 

この先の緑地西橋も中々の見もの。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507112721j:image

f:id:Matsuda_KOTU:20210507125905j:image

緑地西橋自体は鶴見緑地改装(西ゲートアクセス道路)として1989年に作られたのですが、トラス型の鉄橋(橋梁の外側)の部分はもともと1873年の心斎橋に架けられたもので、日本では現存最古の鉄橋とされています。

明治時代に架けられた心斎橋はその後も境川橋、新千船橋、鈴懸橋(鶴見緑地公園内)として転々としましたが、現在はこの地で道路橋として役割を果たしています。

f:id:Matsuda_KOTU:20210507114427j:image[緑地西橋東詰には鉄橋の由緒が記された碑文がある]

f:id:Matsuda_KOTU:20210507115548j:image[親柱には橋の名称と花博のシンボルマークが刻まれている]

 

f:id:Matsuda_KOTU:20210507120304j:image[奥にある中央第一駐車場]

他の遺構では、鶴見緑地中央第一駐車場が花博シャトルバスのターミナル跡だったりしますが、名残が全く無く確認できるのは航空写真で見た区画ぐらい。他にもあるには有るのですが、当時の面影が十分にある遺構というのは緑地西橋付近を縦貫する道路くらいなのでしょうね…🙄

 

では👋🏻

短い役目の桜川バスターミナル・浜バスターミナル

こんにちは😃

大阪市営バスには多くのバスターミナルが多く存在していました。現在も残る大阪駅前、なんば、野田阪神といった駅前ターミナルから、今はありませんが地域の乗り継ぎ拠点として活躍した歌島橋バスターミナル(2014年廃止)があります。

主にこれらは「地下鉄から市バスへ、あるいは市バスから市バスへ」となるべく分かりやすく便利に乗り継ぐ拠点として1960年代から設置、特に1980年代からは多く設置されました。そんな中、なぜか短い期間で閉鎖したバスターミナルがあります。

 

それが、桜川バスターミナル浜バスターミナルです。市バスに詳しい方なら名前ぐらいは聞いたことはあるのでは無いでしょうか?

今回はその2箇所を紹介していきます。

 

桜川バスターミナルとは?

f:id:Matsuda_KOTU:20210428001445j:image[桜川バスターミナル跡地:2015年撮影]

 

桜川バスターミナルは1969年4月17日に開設、1963年の天満橋バスターミナルの開設から5番目に作られたバスターミナルです。

これは、地下鉄千日前線野田阪神~桜川が開通した同年4月16日とほぼ同時に営業を開始しました。また、このバスターミナルは大阪市が「都市交通におけるバス輸送のあり方」の具体案として、地下鉄建設の際に駅の地下出入口に直結するバスターミナルを整備する計画地として既にあげられていました。そのため、地下鉄桜川駅の5番出入口横にはバスターミナルが設置されているというわけです。しかし、乗降客数が少なかったからか1978年7月1日の改正で閉鎖されバスターミナルとしては10年も満たない役目でした。

余談ですが、計画地であげられていたのは桜川の他に天六や深江橋がありました。

天六は現在のOsaka Metro天神橋筋六丁目ビルの場所に確かにバスターミナルありましたが、深江橋は聞いたことがありませんね。🙄

 

★乗降所と乗り入れ路線

桜川バスターミナルの最寄り停留所は、施設名の通り、「桜川バスターミナル」です。施設内の乗降所は2箇所あり、おそらく乗車用、降車用と分かれていたのでしょう。それもこちらは多くても2路線しか乗り入れていなかったからです。

f:id:Matsuda_KOTU:20210428114632j:image[1973年当時の路線図、桜川バスターミナルは右上]

 

乗り入れていた路線

  • 29号系統(桜川バスターミナル~出島)

1969年4月(桜川バスターミナル開設時)~1977年5月?まで乗り入れ

  • 特68号系統(桜川バスターミナル~柴谷町)

1973年?~1978年7月(桜川バスターミナル閉鎖時)まで乗り入れ

 

桜川バスターミナルの閉鎖後は引き続き幸町操車場として長らく機能しましたが、これも2015年に廃止。高速バス専用駐車場として転身になるも現在は工事中、どうやらOsaka Metroが行う都市開発で新たに生まれ変わるようです。

 

浜バスターミナルとは?

Google マップ

浜バスターミナルは鶴見消防署茨田(まった)出張所に隣接していたバスターミナルで1987年1月に開設されました。作りは簡素な屋根付きの乗降所に曽根崎警察署前停留所で見られるような昔の電照式標柱が一基のみ、乗降兼用で取り扱っていたものだと思われます。

最寄り停留所は名の通り「浜バスターミナル」です。桜川バスターミナルは最寄り駅がありましたがこちらはありません。

また、大阪市営バスが開設したバスターミナルの中ではかなり変わっていました。

 

★営業時間が9時頃から17時頃まで…

浜バスターミナルは日中時(9時~17時頃)のみ乗降の扱いを行うので、その他の時間帯では浜バスターミナルは通過する他、浜バスターミナル止まりならばもちろん行先も変わります。

乗り入れていた路線(どちらも開設~閉鎖まで乗り入れ)

  • 幹線36A号系統(大阪駅前~浜バスターミナル)

→日中時間帯外では従来通りの幹線36号系統(大阪駅前~安田)として運行

  • 幹線臨36号系統(京橋駅前~浜バスターミナル)

→日中時間帯外では従来通りの特36号系統(京橋駅前~茨田大宮)として運行

  • 支線36号系統(浜バスターミナル~茨田大宮)

※幹線36号系統、特36号系統は日中時間帯も運行

 

浜バスターミナルは乗り継ぎ地点でもあったため、ゾーンバス乗り継ぎ指定停留所に設定されていました。

ゾーンバス乗り継ぎ指定停留所とは、幹線系統から支線系統あるいは支線系統から支線系統に乗り継ぐために指定されたバス停のことで、例えば幹線臨36号系統から支線36号系統に乗り継ぐ時に先に車内で料金を払いバス乗継券を発行します。これがあると1回目の乗車料金を引き継いだままで2回目(支線)の乗車には料金がかかりません。(降りる時に乗継券を入れるだけ)

今の大阪シティバスがやっているICカード・回数カードが対象の1回目のバス乗車から乗り継いで降車するまでの時間が90分以内であれば、2回目の乗車は1回目の乗車料金だけで済む構造みたいなものですね。

f:id:Matsuda_KOTU:20210428183806j:image
f:id:Matsuda_KOTU:20210428183809j:image[横堤バスターミナル(2013年廃止)]

しかし、これも1990年3月20日鶴見緑地線【現:長堀鶴見緑地線】の京橋~鶴見緑地間が開通したことで途中の横堤駅の大阪市交通局鶴見乗務所下に横堤バスターミナルが開設したため、浜バスターミナルの機能を横堤に移転する形で閉鎖になりました。こちらは3年しか存在していません。

閉鎖後は2006年頃まで放置され、その後は解体されて施設が建っています。

 

大阪市営バスのバスターミナルはこのような営業期間の短いものや長いものが混在していましたが、大阪シティバスになっては主要駅のバスターミナルと北巽、出戸を残す形になっています。特に最近はオンデマンドバス(乗車日時や乗降場所をご指定いただくことでお客さまのニーズに応じて運行する乗合バスのこと)の社会実験を開始したことで、今後のバス路線に何かしらの変化があるのかもしれませんね。

 

では👋🏻

バスの乗り方は一つだけではない!!

f:id:Matsuda_KOTU:20210407220154j:image

(左上:京都市営バス)   (右上:東急バス)

(左下:東陽バス)          (右下:奈良交通)

 

こんにちは😃

旅行先で観光するためにバスを利用するとき…

どこから乗ったらいいんだ?』

前払い後払い?どこから降りたらいいのやら…』

と悩まれる方がいらっしゃると思いますが…(まさに私がそうです…😞)

f:id:Matsuda_KOTU:20210407213540j:image[なかのりの看板:茨城交通(水戸駅にて)]

f:id:Matsuda_KOTU:20210408171003j:image[うしろのりの看板:茨城交通(茨大前にて※許可を得て撮影)]

中にはバスの前面に大きく「なかのり」や「うしろのり」と親切に書かれているバス会社もあります。(それでもほとんどのバスでは乗車口に入口のステッカーが貼ってありますが。)

 

今回はこれまで私が旅行に出かけた際に

「こんな乗り方があったのか!」と感じたバスの乗り方を紹介していきます。

 

京都市営バス

f:id:Matsuda_KOTU:20210407213504j:image

まずは京都市営バスです。清水寺や嵐山、金閣寺などが市内均一区間(運賃がずっと一緒の区間)に入っているために便利なのですが乗り方は…

f:id:Matsuda_KOTU:20210407215412j:image

『中(後)乗り、前降り、後払い』

になります。※1

この乗車方式は首都圏を除く地域には大体がこのやり方です。

同様の扱いを行うバス会社

大阪シティバス

・神戸市営バス

西鉄バス

広電バス

北海道中央バス

新潟交通など

 

※1

ただ、京都市営バスでは、最近になって前乗り・後ろ降り・前払い形式と変更した一部の系統(急行100・102・急行101など複数)があるために乗る際には少し注意した方が良さそうですね。

f:id:Matsuda_KOTU:20210408083802j:image[前乗りバスの見分け方(京都市交通局ホームページより)]

 

②東急バス

f:id:Matsuda_KOTU:20210408084052j:image

次は東京や神奈川(川崎・横浜市北部)で走っている東急バスですが、こちらはどうでしょう?

f:id:Matsuda_KOTU:20210408084946j:image[前扉には入口のステッカー]

『前乗り、中(後)降り、前払い』

になります。

前扉から乗り、先に運転手に降りるバス停を伝えて運賃精算(現金やICカードなど、均一制区間の路線はそのまま精算)をした後、目的の停留所に着いたら中扉(あるいは後扉)から降りるというやり方です。特に首都圏ではこのやり方が多いですね。

 

同様の扱いを行うバス会社

名古屋市営バス

京急バス(東京都内・川崎市横浜市を発着する路線※4系統を除く)

小田急バス

横浜市営バスなど

 

また、『前乗り、前降り、後払い』という乗り方もあり、少数派ですが神奈川中央交通(一部路線)、京成バス(一部路線)などでされています。

 

  • 特殊なケース―――

 

③東陽バス

f:id:Matsuda_KOTU:20210408092225j:image

次は、沖縄にある東陽バス。ここには前にしか扉がない車両があります。

『前乗り、前降り、(前)後払い』

になってます。

といっても沖縄のバスの乗り方はかなり特殊で、この乗り方を行う路線は

「系統番号が20番以降の路線」で、105番は前払い、その他の20番以降は後払いになっています。

しかもこの東陽バスだけでなく、同じく那覇に乗り入れる沖縄バス・那覇バス琉球バスも同じやり方をとっています。

会社は4社とどれも違いますが系統番号は全て統一されているので、どのバス会社だからと思わずに系統番号と行先だけを確認するだけで大丈夫ですね!

f:id:Matsuda_KOTU:20210408123054j:image[51番なので後払いと分かる:琉球バス]

これらのバスは前にしかドアがないので一目見れば分かるのですが、中には後ろにもドアがあるのに前の方しか扉が開かない場合も普通にあります。

f:id:Matsuda_KOTU:20210408171853j:image[77番なので前のドアしか開かない:沖縄バス]

先程紹介した系統以外でも乗り方が全く違うので、那覇空港から国際通り首里城はモノレールで行けますが、美ら海水族館などの名護方面に行くにはバスが必要不可欠になるため、行かれる時には下調べしておくと良いと思います😅

バスの乗り方|那覇バス・琉球バス交通バスロケーションシステム

↑他の系統の乗り方はこちらに記載されています。

 

奈良交通

f:id:Matsuda_KOTU:20210408133946j:image[北大和営業所※許可を得て撮影]

最後に奈良交通を紹介します。

この車両には扉が3つ備わっているいわゆる3扉車で、生駒・東生駒・富雄・学園前駅→駅周辺の住宅地を結ぶ路線で使われています。観光路線と言うよりかは通勤&通学路線ですね。(2021.4月現在は7台とも北大和営業所に在籍)

 

このバスの乗り方は行き、帰りによって変わります。

 

まずは住宅地→駅(行き)を利用する際だと…

前扉から乗車→先に運転手に降車停留所を申告して精算し、後ろの扉から降車(駅では全ての扉が開く)

 

駅→住宅地(帰り)では…

駅では全ての扉が開くので乗車(その他では前しか開かない)→降車停留所に着くと運転手に乗車停留所を申告して精算し前から降りる。

 

うーん、扉がさらに1つ増えるとなると難しいですね笑

ただ、奈良駅周辺ではこのような車両は基本使われておらず、運賃均一の区間の路線では『前乗り、中(後)降り、前払い』、整理券の出る路線では『中(後)乗り、前降り、後払い(一部を除く)』になっています。

バスの乗降方法について|奈良交通

↑詳しくはこちら

 

これだけ地方で乗り方がバラバラだとけっこう疲れてきちゃいますよね💧

 

  • 最後に―――

いかがでしたか。今までの説明で頭が痛くなってしまったのでしたらすいません…😣

「これだけ地方によってバスの乗り方がバラバラで難しいし運転手に怒られたら嫌だなぁ」

という印象が持たれてもおかしくない話ですが、私が基本使っている最低限度の対策法がありますので紹介します♪

1.乗り換え案内アプリを使う

Yahoo!乗換案内やNAVITIMEが定番だと思いますが、私はYahoo!乗換案内をよく利用しているので名古屋や京都、東京などでの乗換案内を見た時に乗り方までも記載されているので大変助かっています。☺️

f:id:Matsuda_KOTU:20210408163026j:image[京都市営バス100番は前乗り、後降り・後払いと記載]

f:id:Matsuda_KOTU:20210408163148j:image[名古屋市営バスの場合]

ただ、広島や沖縄も含めた地方だと乗り方までは記載されていない場合があるのでネックなところですね~

また、NAVITIMEにはバス専用のアプリ、バスNAVITIMEというのがあり、こちらも分かりやすかったです!😄

 

2.ホームページで確認する

もはや究極の選択肢ですね。😅

『~バス  乗り方』と調べるだけで普通にヒットします。

またICカードが使えるか?

現金ならばお釣りは出るのか?

もこれで分かります。

 

私の体験談ですが沖縄に行った時はこれに助けられました。系統番号で乗り方が違うだなんて初めて知りましたし、たとえ路線バスで来る車が高速バスだったとしても全く動揺せずという感じで、やはり見る見ないでは大きく違うと思います。見なくても何とかなるケースは全然ありますけどホームページがあるだけで分かりやすく書いてあるので心強いですね!

まぁ、今の時期は感染症で出かけづらいですが、また落ち着いて旅行に出かける際に活用されてはいかがでしょうか?

 

では👋🏻