マツダ交通の見たまま

不定期ですが、バスの情報を見たまま紹介しています!

三菱製の変わり種

今回は久々にバスネタを投下します。f:id:Matsuda_KOTU:20180728144334j:image

見ての通り、こちらはエアロMです。☺️

…と進めてもまったく面白くないので、今回は三菱の変わった車両を紹介していきます。

 

f:id:Matsuda_KOTU:20180728145018j:image

[アルピコ交通] 諏訪200か **52 U-MP618K(94年式) 

大阪市交通局にいた車両で角ヘッドやフォグがないのが特徴なのですが、これエアロKだそうで……

詳しく話すと、1993年に新呉羽からMBMへ改称し、三菱名自との共通設計となりエアロK顔は製造しなくなります。しかし、こちらの車両はボデーはエアロMのものの製造はMBMだったもので事実上はエアロKとなるようです。

なんだか複雑な話ですね…😅

個人的にはエアロMでもエアロKと呼んでも間違いではないと思いますが笑

 

f:id:Matsuda_KOTU:20180728153003j:image

[備北交通]岡山22か 3208 U-MM117J(90年式)

最初は本当にエアロKなのかと思ってしまいましたが、こちらはエアロミディMMになります。

f:id:Matsuda_KOTU:20180728154008j:image

とまぁ、おしりまでエアロKぽさがあって本当に見間違えそうです笑

 

f:id:Matsuda_KOTU:20180728154352j:image

[帝産バス]滋賀200か *930 KC-MP317M(99年式)

最後はこれ、南海バスから来た三菱車です。

西工B-Ⅱ型を架装した96MCとあって少し違和感を感じますね…😅

B-Ⅰ車体なら最近まで京都市バスに存在していましたが、もう既に全廃になっています。

こちらもいつまでいれるのやら…?

 

~まとめ~

個人的にバスを撮る楽しみは私からすると、ガチャガチャの感覚です。“どんな車がいるのか” “一見すると普通の車だが実際は…”といった期待や楽しみが個人的に感じられるモノだと思います。特に三菱の車両に会えて、より楽しさや興味が湧いた気がします🤗

 

ではでは👋🏻