マツダ交通の見たまま

不定期ですが、バスの情報を見たまま紹介しています!

戦前の大阪市内を走る民間バスの路線図の見たまま!(Part.3)

今回は阪急の昔を見てみましょう。

前回はこちら↓

戦前の大阪市内を走る民間バスの路線図の見たまま!(Part.2) - マツダ交通の見たまま

さて…


f:id:Matsuda_KOTU:20180203004106j:plain

青色の路線が後に阪急バスとなる阪神合同バスです。説明が少しややこしいので路線を二つに分けて解説したいと思います。

①十三→神崎橋・千船大橋

②十三→三国以北

まずは①から、この路線は大正時代の終わり頃から個人事業者?が走らせていたそうで、後に十神乗合自動車(1932年に阪北自動車により吸収合併)という事業者が買収しましたが、1930年に阪神合同バスに譲渡しました。十三→神崎橋間は今も存在していますよねぇ。ちなみに、戦後の加島~千船大橋間の路線は徐々に短縮していきますが、加島以北に路線が延長していきました。こちらも現在存在しています。

続いて②の解説です。こちらも大正の終わりごろから小規模事で業存在していましたが、後に池田能勢妙見自動車が、またその後に阪北自動車に買収されたものの、1928年に阪神合同バスがそのまたこの路線の跡を継ぐんですね~十三以北は石橋を経由し、宝塚や伊丹の方まで路線を広げていました。

②の路線は今でもありますね~😊💕

実はこの当時から勢いを見せていましたね、戦後になってからでも他の事業者を合併するほど、、いやぁ面白いですね!

次回は京阪を紹介していきたいと思います。

それでは~👋